【原材料の梅】にこだわると

有機梅干

【原材料の梅】を7段階にランク分け

【原材料の梅】にこだわると、和歌山県産(紀州産)の南高梅が最高峰です。
【原材料の梅】を以下の通り7段階にランク分けしてみました。
 以下、1→7にいくに従って、【梅】がランクアップし、「こだわり」が増します。
 1「中国産の梅」
     ↓
 2「国産の梅」
     ↓
 3「国産の南高梅」
     ↓
 4「紀州産南高梅」(梅干の最高品種:皮が薄く、種が小さく、果肉が厚い)
     ↓
 5「紀州産南高梅」の「特別栽培(農薬・化学肥料を50%以上カット)」
     ↓
 6「紀州産南高梅」の「転換期間中有機栽培(農薬・化学肥料1~2年間未使用)」
     ↓
 7「紀州産南高梅」の「有機栽培(農薬・化学肥料3年間以上未使用)」
     
そうです、まだ梅干にする前の、原材料になる、【梅】にこだわっただけで、ざっと7段階のランク分けができてしまうのです。

どの業界でも「専門的な情報」は、一般の消費者・お客様には、「細部までは明らかにしない」のが、「暗黙の了解」になっています。
しかし、「本当に、価値のある情報」とは、正にこの「細部まで明らかにされていない詳細情報」にあるはずです。

【原材料の梅】を【価格差】で表現

上記分類は、【原材料の梅】を1~7までの7段階に分類しただけです。
この表現だけでは、一般の消費者・お客様はまだピントこないでしょう。
この7段階の一部を【価格差】で表現し直せば、より直感的に「違い」がわかるはずです。
最も価格差が明確になる、1と2の違いは、以下のようになります。
1「中国産の梅」【価格を1とすると】
     ↓       
2「国産の梅」 【価格3~5(中国産の梅の3~5倍の価格)】

最終段階7ランクの「紀州産南高梅」の「有機栽培(農薬・化学肥料3年間以上未使用)」になると「国産の梅」の3~10倍だと考えてください。

ネット通販で買える「紀州産南高梅」。

柔らかい果肉の紀州産南高梅を塩分控えめに漬け込みました。
日本人の故郷の味、かつおのまろやかな旨みと梅の酸味がバランスよく調和した田舎風梅干にしそを添えました。

中田食品 紀州産南高梅 梅ぼし田舎漬 700g 【大粒】 梅干し 塩分11% 減塩価格:2,592円

ネット通販で買える「有機梅干」。

竹内農園の有機南高梅は、化学肥料・農薬不使用。 樹上で熟させているため、青いうちに収穫したものと違って傷が付きやすいことから、栽培から収穫・箱詰め・出荷までを一貫して手作業で行います。
「紀州南高梅 有機梅干」は、梅干しの本場・紀州の有機南高梅をミネラルたっぷりの自然塩で漬け込み、天日でじっくり干し上げました。昔ながらのすっぱい梅干しです。化学調味料無添加の本物の味をご堪能ください。
※お徳用梅干しは、すこし皮が硬かったり、加工の段階で皮が破れたり、傷がついてしまったものです。A品とほとんど変わりません。

竹内農園 紀州南高梅 「有機梅干」 訳あり お徳用 1kg 【有機JAS 紀州産 梅干し うめぼし ウメボシ 無農薬 無添加 家庭用】《あす楽》価格:2,150円

コメント

タイトルとURLをコピーしました